FC2ブログ

「口でしてくれるかい」と 妻にモノを口で愛してほしいことをつたえると

妻がバイトから帰り

妻を大切に迎えてあげてから

妻を抱き上げると

妻を寝室に連れて行き

妻を全裸にしてしまうと

妻は夫に愛されていく性の気持ちを高めてしまい

私に抱きしめられながら

ほんの少しだけ尿をしてしまいました


そんな妻の性の気持ちを知りながら

私は妻の全裸と妻の股間の尿の臭いに

性の興奮をしてしまい

モノをおおきくかたくしてしまい


性の快感への疼きをからだに迎えてしまっている妻に

「口でしてくれるかい」と

妻にモノを口で愛してほしいことをつたえると

妻は

「はい」と

かわいらしく声をだしてこたえてくれて

精一杯に口で私のモノを愛していってくれました


妻は立ち膝になり

一生懸命に私のモノを舐めていってくれて

「ん、あなた、ん、ん」と

かわいらしい声も出してくれていて

妻のその姿はとてもとてもかわいらしくて


私は妻の口での性の行為を受けながら

妻のその姿を見ているだけで

至福の思いを迎えてしまい


「かわいいよ、ほんとうにかわいいよ」と

妻の頬を手でやさしく大切に触れながら

妻の口での行為を褒めていくと


妻はさらに一生懸命にモノを口で愛していってくれて

私は妻の口の中で射精を迎えそうになってしまいました


そして、もう射精の準備を感じてしまった私は

妻に

「止めてくれるかい、もう、出てしまうよ」とつたえると

妻は

「口でしてほしいです、あなた、だしてください」と

口での射精を望んでくれた妻でしたが


私はゆっくりと妻の口からモノを出すと

「うれしいよ、でも、交代しようね」と

性の疼きに何度も尿をしてしまっている妻を

布団に沈めていってあげました


TAG : 性生活 妻との性生活 セックス 夫婦生活 妻の股間 妻の臭い 不安 誘惑 浮気 不倫


[PR]

妻は「全部見てもいいかい」と恥ずかしい股間を見せて欲しいことをつたえられると

妻がバイトの帰りにバイト仲間でカラオケに寄って帰ってきました

楽しそうにうれしそうにして帰ってきた妻を玄関で迎えると

私は妻のうれしそうな微笑みに

妻のことがとても愛おしくなってしまい

玄関で妻を強くとても強く抱きしめてしまいました


妻は私に急に抱きしめられたので

私が妻への心配の妄想をしてしまったのではと思ってくれたのでしょう

「あなた、大丈夫ですから、あなた」と

少し慌てて私に急いでつたえるように声をかけてくれました


夫のことを思い声をかけてくれた妻に

私はさらに愛おしさが増してしまい


その愛おしさに

私は性の気持ちまで高めてしまいました


「わかっているよ、大丈夫だよ」と

「かわいらしくて、愛おしくなってしまったんだよ」と

妻が欲しくなってしまったことをつたえると

妻は

「あなた、ありがとう」と

こたえてくれたあとに

妻は玄関で服を脱ごうとしてくれました


私は服を脱ごうとした妻を抱き上げると

「全部見てもいいかい」と

妻の恥ずかしい股間を見せて欲しいことをつたえると

妻は

「はい」とこたえてくれて

温めてある寝室の布団の上に妻を下ろしてあげると

妻は服を脱ぎはじめて

そして下着姿になり

胸のふくらみを見せてくれながら

下着を下ろしはじめて

かわいらしい股間の割れ目の筋が見えてくると

妻は

「あなた、わたし」と

股間の割れ目が見えるまで下着を下ろし

私を呼ぶので

私は妻の下着をたしかめて見ると


妻は下着にかわいらしく恥ずかしい染みをつけてしまっていました

「とても、かわいらいいよ、もっと、もっと見せて欲しいよ」と

妻につたえながら

妻から下着を取り

かわいらしい

そして恥ずかしい臭いのしてしまう大切な股間の割れ目をたしかめていくと

妻は

「あなた、私も、してもいいですか」と

私のモノを求めてくれたので

私は妻にどうしたいのかを言って欲しいことを望むと

妻は

「おちんちんをしてもいいですか」と

恥ずかしそうに声にしてくれて


妻の気持ちにおおきくかたくなってしまっている私のモノを

あたたかい口の中で愛していってくれました


私は立ち膝になり

一生懸命に口でモノを愛してくれている妻に

この上ない奉仕される幸せと

妻の口の中の感触に

「うれしいよ、きもちいいよ」と

何度も妻に感謝の気持ちをつたえていきました




[PR]

妻は 夫に股間の臭いをたしかめられる恥ずかしさに

妻は性の気持ちになることに敏感です

それは性の行為がなくても

性の話題を話しているだけでも

妻は股間を濡らしてしまうことがあります


私は妻がバイトから帰ると

妻のジーンズを下ろすと

妻のかわいらしい股間の割れ目が見えるほどに

妻の下着を少し下ろしていくと

妻の下着についてしまった恥ずかしい染みをかくにんしていきます


私に下着の染みを見られて

そしてかわいらしい割れ目の肉丘のやわらかさを指でたしかめられるように触れられて

そして妻の股間の割れ目に指を沈めていき

そして妻の割れ目にはさまれた指の臭いをたしかめて

「おしっこの臭いだよ」と

妻につたえてあげると

妻は

「恥ずかしいです」と

こたえてくれて

そして

「うれしいよ」とつたえながら

妻の股間の臭いを何度も何度もたしかめていくと

妻は

夫に股間の臭いをたしかめられる恥ずかしさに

性の気持ちが高まってしまったようで


私が臭いを確かめている時に

少し、また少しと

尿をしてしまいました



太ももを尿で濡らして

ジーンズを尿で濡らして


妻はかわいらしく割れ目から尿をあふれさせながら

「あなた、おしっこしてごめんなさい、あなた、あなた」と

声をだしてくれながら

恥ずかしい姿になっていってくれました



TAG : 性生活 妻との性生活 セックス 夫婦生活 妻の股間 妻の臭い 不安 誘惑 浮気 不倫


[PR]

本当にかわいらしく割れている妻の股間の谷間を見せてくれました

バイトから帰った妻を抱き上げて

冷えてしまったからだをあたためてあげるように

妻を居間で抱き寄せていると

妻は私の願いを叶えてくれるように

「あなた、見てくれますか」と

大切な股間を見て欲しい気持ちを伝えてくれたので

「見せてほしいよ、見てしまうからね」と

居間で妻のジーンズを下ろしてしまうと

かわいらしい桃色の下着が見えて

私の気持ちに応えてくれるように

妻の股間の割れ目に少しの食い込みを見せてくれていました


私は妻の下着の上から

妻の股間の割れ目に沿うように指を動かしていくと

妻は

「あなた、中も見てください」と

恥ずかしさに耐えながら

下着を下ろしてほしいことを伝えてくれました


そして妻の気持ちに応えるように

私は妻を立たせて

そして妻の下着を少し下げると

そこには無毛の股間が見えてきたそのあとに

本当にかわいらしく割れている妻の股間の谷間を見せてくれました


「とてもとてもかわいいよ、臭いもするよ」と

妻の恥ずかしいおしっこのい臭いもすることをつたえてあげながら

妻の股間の割れ目に舌をすすめていくと

妻は

「あなた、きたないです、おしっこしたばかりです」と

恥ずかしさを告白しながら

その嬉しさも感じながら

「あなた、あなた」と

舌の感触を割れ目に感じながら

妻は

「あなた、あなた、うれしいです、あなた」と

私の舌に割れ目を愛されて

そして肉豆も舌に愛されて

妻は性の快感と恥ずかしさの二つの幸せを感じ続けてくれながら


「あなた、もう、わたし、もう、あなた」と

肉豆に受けた刺激に強い強い性の快感に包まれながら

「あなた、ごめんなさい、あなた」と

妻はかわいらしく見せてくれている

股間の割れ目から

恥ずかしそうに尿をしてしまいました


尿は少ししか下げていない妻の下着を濡らしながら

妻の太ももを伝わっていき

震えるに性の幸せを与えてくれていきました


そして尿が終わり

濡らしてしまった股間を褒めてあげながら

妻を抱き上げていくと

妻の股間は尿でまだ濡れていて

残りの尿もたらしてしまいながら

「きれいにしてあげるからね」と

私につたえられていきながら

妻は夫に大切な股間をひろげていく幸せを感じていってくれました

TAG : 性生活 妻との性生活 セックス 夫婦生活 妻の股間 妻の臭い 不安 誘惑 浮気 不倫


[PR]

「きれいにさせてくれないか」と 妻は下着の中を求められて

妻がバイトから帰ると

私は妻を抱きしめてしまい

そして

「きれいにさせてくれないか」と

妻の下着の中を求めてしまいました


朝、妻がバイトに出る前に

妻の股間を下着の上から触れてしまい

そして妻を性の気持ちにさせてしまったままで

バイトに行かせてしまい

私は妻のことが心配でなりませんでした


そして妻を寝室に連れて行き

無我夢中で妻の下着の中を確認してしまうと

妻の下着は恥ずかしいほどに濡らしてしまっていました


私はそれを見て妻に

「辛かったかい」と

妻の気持ちをたしかめると

妻は

「はい」とこたえてくれて

帰りの電車の中で性の気持ちになってきてしまったことを告白してくれました


そして妻に

「きれいにしていくからね」とつたえ

「とてもかわいらしいよ」と

妻の股間の花びらと肉豆に少し触れながら

妻の股間の臭いをたしかめながら

「おしっこの臭いがするよ」と

妻に伝えていきながら

妻の肉豆を指で刺激を始めた時に


妻はすでに性の気持ちがたかまってしまっていたのでしょう

「あ、、ああ、ごめんなさい、あ、あなた、あ、ああ」と

肉豆に触れたばかりなのに

妻は尿をしてしまいました


「あなた、あなた」と

からだにちからがはいっているようにしながらも

穴から尿をあふれさせてしまいながら


妻は性の快感を受け続けながら

私にしがみつくようにしている妻に

「おしっこをしたかったんだね」と

妻をつつんであげながら


妻の震えるからだを抱きしめてあげました



TAG : 性生活 妻との性生活 セックス 夫婦生活 妻の股間 妻の臭い 不安 誘惑 浮気 不倫


[PR]

PR広告


にほんブログ村